大きなやりがいや喜びがある家庭菜園

最近では家の庭やベランダなどを利用して家庭菜園をする人が増えてきています。

家庭菜園は心の潤いと食材の安定供給に貢献する

大きなやりがいや喜びがある家庭菜園 最近では家の庭やベランダなどを利用して家庭菜園をする人が増えてきています。それをやろうとする動機は人それぞれですが、多くの人の意見ではそれの作業をすることで心の潤いをもたらせてくれるのです。なぜかはうまく説明できないけれども種や苗を買ってきて栄養分の高い土を作ってそこに植えて定期的に水や肥料や害虫対策などを時間をかけて実行して花を咲かせて実がなって自分で自分が育てた作物を食べることでやりがいと感慨をもたらせてくれるのです。そして大切に楽しみながら育てることで自然と日頃のイラつきが減少して心にゆとりとうるおいをもたらせるのです。

しかし家庭菜園はイラつきを抑えるなど心の潤いだけをもたらせるわけではありません。それ以上に貢献してくれるのは日頃から自分で育てて栽培することで価格に左右されない食材の安定供給に貢献するということです。というのは天候や政情や市場経済などが安定している場合は自分で買うよりも市場で買ったほうが安くつくかもしれません。しかしながら雨などで天候不順などになると現在の日本ではその気になれば買えるけれども生鮮食料品のために価格が急上昇して割高感を感じて買うのにためらってしまいます。しかしながら自分で家庭で菜園をしていると市場経済の取引価格には関わらないので収穫量に多少の変動はあるかもしれませんが、価格が急上昇したりなどの割高感に遭遇しなくて済むのです。そしてこれからの時代はますます天候不順などの確率が高まるだろうし、それのために価格が急上昇するなどの不安要素も増えて市場では買い物がやりにくい時代になるだろうと予想されるので家庭での菜園は若いうちからやっておくに越したことはないなと思うのであります。

注目情報