大きなやりがいや喜びがある家庭菜園

家庭菜園をやり始めたきっかけは無農薬で安全な野菜を食べたいと思ったからなのですが・・・

家庭菜園で無農薬で食べてみると安心

大きなやりがいや喜びがある家庭菜園 家庭菜園をやり始めたきっかけは無農薬で安全な野菜を食べたいと思ったからなのですが、2年ほどやってみていろいろなメリットがありますが。自分で好きなものを育てることができて常に新鮮な野菜を食べられる。そしてもちろん無農薬でつくるといったことも可能です。そして種や苗から育ててみれば野菜の育つ家庭を知ることができて、その成長を見ていくことも楽しく感じました。そして、鍬をもって畑を耕してみたり、肥料をまいたり、水を上げてみたり、かなりの運動量になります。そして運動不足だったのですが、ちょうどいい運動になりました。また無農薬で安全な野菜を食べられるので、多少虫がついてしまっても食べられますし、野菜が多きく育ったときのうれしさは溜まりません。

家庭菜園は野菜を栽培して収穫をすることがメリットではないのです。小さいお子様がいる家庭などではお子様が土や植物と触れ合っていく食育効果を期待できます。そして普段野菜は食べられないというお子様であっても自分が日常的に育てた野菜であれば親しみ方が全く異なります。そして、家庭菜園の栽培をしていれば、自然に植物の実のなる時期を意識するように伊なるのですが、植物の旬の時期や規制に対して豊かな感性を磨いていくきっかけに一役買うでしょう。

注目情報